カートの中身を見る
送料無料

丸山園こだわりのお茶



ギフトで贈る 味わいの傾向で選ぶ

メールマガジン

ご購読者限定のお得な情報をお届けします。
「登録」は下記ボタンよりお気軽にどうぞ

 

メールマガジン登録

社長インタビュー

社長インタビュー

トップ > お茶の話 > お茶の楽しみ方

お茶の話

お茶の楽しみ方

*****お茶とお水の美味しい関係*****

お茶を美味しく飲むにはお茶を淹れる水が美味しいことも大切な条件です。

■バランスの良いミネラル、適度な硬度、pH、炭酸ガス、酸素を含む

■有機物、鉄、マンガンが少ない

日本の水道水はお茶に適した水の条件を満たしていますがカルキ消毒されているためそのままでは美味しく飲めません。
外国のミネラルウォーターもカルシウムが多く含まれているものはお茶には不向きです。

 

水道水を使って美味しいお茶を淹れるにはカルキ臭さを消すことが必要です。
一番良いのは、水道水を2~3分沸騰させてから、適温に冷まして使うことです。特に水がおいしくないという地域では、5分以上沸騰させたほうが確実です。
また、水道水を4~5時間置きしておいてもカルキは抜けます。最近では浄水器を使っているご家庭も多いですがこの場合でも水を沸騰させてから使うのが理想的です。

 

日本茶に合う水は硬度30~80程度
旨味、渋み、苦みがバランスよく出ます。

*****美味しいお茶の淹れ方*****

■玉露は50℃~60℃の温めのお湯で2分間しっかり浸出する。

①湯を湯さましに入れて冷ます・・・湯温90℃→80℃
※無い場合はマグカップなどで良い。
②①で冷ました湯を急須に入れ、更に冷ます・・・湯温80℃→70℃
(湯さまし+急須温め)
③急須の湯を茶碗の8分目程注ぐ。
(湯さまし+湯の計量)
※茶碗は玉露用の小ぶりなものを使用する。
④急須に茶の葉を入れ、茶碗の湯を注ぐ。
※3人で10gが目安
⑤2分待っていら廻し注ぎで最後の一滴まで茶碗に注ぐ。
※2煎目からは30秒でOK

 

■煎茶は70℃~90℃のお湯で1分間浸出する。

①茶碗に湯を入れ冷ます。
②茶を急須に入れる。
※5人で10gが目安
③冷ました湯を急須に入れ1分待ってから注ぐ。
※2煎目からは30秒程度でOK

 

■番茶・焙じ茶は熱湯・茶の葉をたっぷり。

①茶を急須に入れる
※5人で15gが目安
②急須に熱湯を入れ、約30秒待ってから注ぐ。
2煎目からは湯を入れてすぐに注いでOK
茶の葉の成分が出尽くしてしまうので新しい茶に取り換えたほうが美味しい。

【お茶の淹れ方標準表】

  玉露(上) 玉露(並) 煎茶(上) 煎茶(並) 番茶 焙じ茶
人数 3 3 3 5 5 5
茶の量 10 10 6 10 15 15
湯の温度 50 60 70 90 熱湯 熱湯
湯の量 60ml 60ml 170ml 430ml 650ml 650ml
浸出時間 150秒 120秒 120秒 60秒 30秒 30秒
適温 35℃ 40℃ 50℃ 65℃ 75℃ 75℃
1人分の量 12ml 13ml 50ml 80ml 120ml 120ml

(茶のいれ方研究会:茶研報(1973)より)
2煎目からは湯が茶の葉に染みこんでいるので浸出時間は表の時間の3分の1でOK

*****美味しい冷茶の淹れ方*****

■簡単水出し茶

①急須に葉っぱを多めに入れる(8g)
②急須に水300ml(湯呑2杯分)を注ぐ
③5分ほど待つ。軽く揺すってもOK
④茶葉が沈んだら静かに湯呑に注ぐ

 

低温で淹れることにより、旨み・甘み成分であるテアニンが充分に溶け出しまろやかな緑茶が楽しめます。

 

■オンザロック

①急須にお茶を少し多めに入れる。濃い目に入れるのが美味しく出すポイント!
②お湯300mlを注ぎます。
※柔らかな味と香りそ味わいたいときは60℃くらいのお湯で
きりりとした渋味が欲しい時は80℃くらいのお湯を入れる。
③30秒~60秒待つ。
④厚手のグラスに氷をたくさん入れ、いっきにぐらすに注ぐ。

 

急激に冷ますことによってお茶本来の風味を損なわずに美味しくお茶を淹れられます。

 

■氷出し茶

①急須にお茶を入れ、その上に氷をのせる。
③常温で氷が溶けるまで待つ。
④溶けたら茶椀に注ぐ。

 

濃厚でとても甘い冷茶です。玉露やかぶせ茶、上級煎茶で淹れると甘みがより一層出て、贅沢なひと時をお楽しみいただけます。

 

■アイス冷茶

①急須にお茶を入れる。
②30mlほど少量の熱湯を注ぐ。
③すぐに急須いっぱいに氷を入れて5分ほど待ったらグラスに注ぐ。

 

最初に熱湯を注ぐことで香りを引出し、その後急冷された湯でゆっくりと甘みを出した贅沢な味の冷茶です。

*****お茶のレシピ*****

お茶には飲む以外にも様々な利用法があります。ただ飲むだけではもったいないくらいです。茶殻には水に溶けない栄養素の宝庫で、水に溶けない不溶性成分であるビタミンA(カロテン)、ビタミンE、食物繊維などは茶殻に残ったままです。
栄養満点の茶殻を食べる工夫をしましょう。

 

■ふりかけ

<材料>
茶殻 適量
塩  少々
桜エビ、じゃこ、たらこ、白ごま等お好みで

 

<作り方>
①茶殻を電子レンジで乾燥させる
②乾燥した茶殻をミキサーなどで細かく砕く
③②をフライパンで乾炒りし香りが出てきたら、塩、お好みで桜エビやじゃこ等を加えて水分がなくなるまで炒る。

 

■佃煮

<材料>
茶殻 大さじ5
醤油 大さじ1
みりん 大さじ1
ごま 少々

 

<作り方>
①鍋に醤油、みりん、茶殻を入れ、中火で汁が無くなるまで煮詰める。
②汁がなくなったらごま、お好みで七味唐辛子を振り入れる。
※2~3煎飲んだ後の茶殻を使えば苦味も少なく仕上がります。

*****お茶の利用法*****

お茶には飲む以外にも様々な利用法があります。簡単ですぐに出来る便利な利用方法を紹介していきます。

■部屋のにおい消し

<方法>
①フライパンなどで古くなったお茶などをいぶす。
②煙を部屋に充満させる
③2~3時間すると塗料などのにおいが取れます
※毎日の招集には茶香炉を使うのがおすすめです。

 

■冷蔵庫のにおい消し

<方法>
①茶殻をよく乾かす
②①を、蓋を摂った広口の瓶にいれて冷蔵庫に入れておく
※茶殻は良く乾かさないとカビの原因になるので要注意。
1週間に1度くらいの頻度で茶殻を取り換えましょう。

 

■さびを防ぐ

<方法>
①茶殻をガーゼに入れて水を少し含ませる
②鉄瓶や鉄鍋などさびやすいものを拭く
※お茶に含まれるタンニン(渋味成分)が鉄と結びついて表面に膜を作り、さびを防ぎます。