カートの中身を見る
送料無料
新茶予約

丸山園こだわりのお茶



ギフトで贈る 味わいの傾向で選ぶ

メールマガジン

ご購読者限定のお得な情報をお届けします。
「登録」は下記ボタンよりお気軽にどうぞ

 

メールマガジン登録

社長インタビュー

社長インタビュー

トップ > お茶の話 > お茶の健康効果

お茶の話

お茶の健康効果

※効果や効能には個人差があります

■風邪に効くビタミンC・カフェインが豊富。

カテキンはインフルエンザにも効果大。

 

お茶には風に効果のある成分が色々含まれています。
・ビタミンC…免疫力向上・疲労回復
・カフェイン…頭痛を和らげ血行を良くする、利尿効果を高める。
・カテキン…強い殺菌効果。インフルエンザウイルスの働きを弱める。

 

■お茶は咳や喘息にも効果的。機関紙の収縮を抑え、咳を和らげる。

お茶は咳や喘息にも効果があります。これはお茶が持つ「抗ヒスタミン作用」によるものです。ヒスタミンとは喘息を引き起こす成分の一つで、気管支は特にヒスタミンに対して敏感です。
お茶を飲むと気管支の収縮が抑えられ、ヒスタミンの作用を和らげてくれます。

 

■「べにふうき」に含まれるメチル化カテキンが花粉症の症状緩和に効果的。

花粉症はスギやブタクサなどの植物の花粉が原因となって引き起こされ、日本で最も多いのは春先に見られるスギ花粉症と言われています。
お茶に含まれるカテキンはアレルギー症状に効果的ですが、中でもメチル化カテキンと呼ばれるカテキンの一種が花粉症の症状緩和に効果的であるという研究結果が出ています。メチル化カテキンは『べにふうき』という品種に多く含まれています。

 

■10杯分のお茶でアレルギー反応が半減。治療薬(トラ二ラスト)と同じ程度の効果あり。

静岡県立大学の研究グループによると、マウス体重1kgあたり、約120㎎のお茶を投与することでアレルギー反応が50%抑えられることだ分かりました。この量は人間にするとお茶約10杯分相当します。アレルギー治療に用いられる治療薬(トラ二ラスト)と同程度の効果があることも判明しています。

 

■飲みすぎた時にはお茶が最適。カフェインが酔い覚ましに。

お酒を飲みすぎた時はお茶が役立ちます。カフェインが持つ覚醒効果により、大脳皮質が「酔い」の状態から醒まされるからです。マウスを使った実験では、アルコールを投与したマウスに茶を飲ませると、10分から20分後には酔いが醒め、運動が活発になりました。

 

■カフェインとビタミンCの相乗作用が二日酔いを防止。

二日酔いは体内に入ったアルコールが完全に分解されず、アセトアルデヒドという有害物質となって残ってしまうことで起こります。
血液中に十分な量のビタミンCなどがあれば、アセトアルデヒドの分解量は高まります。
その点、お茶には覚醒効果のあるカフェインが多く、またビタミンCもたっぷり含まれています。カフェインとビタミンCの相乗作用が二日酔いを一層防止してくれます。
鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡」には茶祖・栄西が二日酔いで苦しむ鎌倉三代目将軍・源実朝にお茶をすすめ、そのお茶で実朝の気分がたちまち爽快になったと書かれています。

 

■お茶の成分「エピガロ家テキンガレート」が発がん率を著しく抑制。

ガンには
・ガンの芽を造る「イニシエーション」
・ガンの組織が成長する「プロモーション」
という2つの段階があります。
それぞれの段階にあるマウスに、茶の入った餌を与えたところ、ガン腫瘍の発生率が低くなり腫瘍の増殖も抑えられていることが判明しました。またカテキンの中1タイプ「エピガロカテキンガレート」を与えると発ガン率が著しく抑制されることも分かりました。
お茶のガンに対する効果はまだ研究段階ですが、大いに期待が寄せられています。

 

■毎日10杯以上、お茶を飲む人はガンによる死亡年齢は高く、死亡率が低い。

埼玉県立がんセンター研究所が、地域住民8553人を対象に1986~1991年に行った調査によれば
・毎日10杯以上飲む人は
 善玉コレステロール値が高い
 悪玉コレステロール値が低い
 心疾患の疾病率が低い
 全年代でガン死亡率が低い
・1日3杯以下しか飲まない人と比べると
 ガンによる死亡年齢が男性5歳、女性7歳と高くなっている
これらのことから、お茶を毎日たくさん飲んでいる人はガンになりにくいと推測されます。

 

■カテキンがコレステロール値を抑制。悪玉を減らして善玉は増やす。

カテキンには様々な働きがありますが、その一つにコレステロール値の上昇を抑えるという働きがあります。しかも悪玉コレステロール(LDL)は減らして、善玉コレステロール(HDL)は減らしません。また、ビタミンCにもコレステロールを排出する働きがあり、コレステロール値を下げる役割を果たします。

 

■糖尿病の食事制限にはお茶が効果的。急激な血糖値の上昇を抑える。

生活習慣病の一つ、糖尿病にかかったら、血糖値が急激に上がらないよう食事制限を行います。その際お茶が大きな助けになります。
お茶の成分であるカテキンには糖質の消化吸収を遅らせる働きがあるのです。消化が遅れれば、その分ブドウ糖が血液中に吸収されるのが遅れます。その結果血糖値の急激な上昇が抑えられるのです。

 

■(現在研究中)緑茶の成分が認知症へ効果がある可能性。

金沢大学の研究チームが、60歳以上の男女490人を対象に認知症の発症率を調べ、緑茶を毎日飲む習慣がある人の発症率が飲まない人に比べて3分の1程度だったと米科学誌電子版に発表しました。山田教授は「緑茶に含まれるカテキンやミリセチンといったポリフェノール類に予防効果がある可能性がある。これらの成分の効果が解明できれば、認知症の安全な予防法の開発が期待できる」と話しています。

 

研究グループは平成19年から25年にかけて、石川県七尾市に住む男女490人を調査。緑茶を飲む習慣がない138人のうち認知症の発症や認知機能の低下が生じたのは43人(31%)だったが、緑茶を毎日飲む習慣がある157人のうち発症するなどしたのは18人(11%)という結果が出ており、これからの研究に期待が寄せられています。

 

■カテキンが食中毒菌を殺菌。ごく薄い濃度でも効果は十分。

食中毒の90%以上が殺菌やウイルスを原因とするものです。症状が重く死にいたる場合もあります。1997年に発生した病原性大腸菌O-157の大量感染など記憶に新しいでしょう。お茶に含まれるカテキンがO-157に効果的であると発表されたのも1997年です。
カテキンには強い殺菌効果があります。コレラ菌やブドウ菌等複数の細菌の機能を抑える働きを持ち、普通に飲むお茶の10分の1から2分の1程度の濃度でも24時間以内で菌は全て死滅するほどです。

 

■善玉のビフィズス菌の増殖を手助け。悪玉菌は成育阻止。

カテキンは非常に強い殺菌効果を持っています。しかし全ての菌に対して殺菌効果を発揮するわけではありません。
善玉菌の腸内ビフィズス菌に対してはむしろ増殖を手助けする働きをもっています。通常の3倍のカテキン濃度でも、ビフィズス菌を殺菌することはありません。一方悪玉菌の腸内ウェルシュ菌には非常に高い殺菌効果を示します。
普段からお茶を飲むことで腸内も健康に保たれ、便秘や嫌なにおいの予防にもなります。