カートの中身を見る
送料無料
新茶予約

丸山園こだわりのお茶



ギフトで贈る 味わいの傾向で選ぶ

メールマガジン

ご購読者限定のお得な情報をお届けします。
「登録」は下記ボタンよりお気軽にどうぞ

 

メールマガジン登録

社長インタビュー

社長インタビュー

トップ > お茶の話 > お茶のことわざ

お茶の話

お茶のことわざ

朝茶に別れるな

朝いただくお茶は、今日一日の災いから守ってくれるものと言われていることから「朝一杯のお茶を忘れることなく飲め」という意味があります。飲み忘れると縁起が悪いとも言われています。

朝茶には福が増す

朝、茶を飲めばその日良いことがある。

朝茶はその日の難逃れ

朝、茶を飲むと災難除けになる。

朝茶の塩

朝茶をいただく際に塩少々を摘むことから、ごくわずかな物のことを言います。人形浄瑠璃や歌舞伎などの演目「菅原伝授手習鑑(※)」には「朝茶の塩にも喰い足らねど、貰わぬよりも忝(かたじけな)い」と出てきます。
※菅原伝授手習鑑{すがわらでんじゅてならいかがみ}
浄瑠璃。竹田出雲・並木千柳(宗輔(そうすけ))・三好松洛(みよししょうらく)・竹田小出雲合作。菅原道真の事跡に、三つ子の兄弟梅王・松王・桜丸の活躍を配したもの。人形浄瑠璃・歌舞伎で上演され、浄瑠璃時代物の三大傑作の一つ。

朝茶は七里帰っても飲め

朝茶とは、朝に飲むお茶、また朝にお茶を飲む習慣のこと。朝のお茶は災難よけなので、飲むのを忘れて旅に出たら、たとえ七里の道を帰ってでも必ず飲むべきだという意味の言葉です。

うどんで茶を食う

贅沢な暮らしに慣れきってしまった人が、「うどんで茶を食う」ような他人が絶対にやらない奇抜なことにあえて挑戦し、喜ぶさまを表しています。

お茶の子さいさい

「お茶の子」とは、お茶に添えて出されるお菓子のこと。「さいさい」は、はやし言葉です。お茶の子がお腹にたまらない物であることから、お手軽・簡単な様子を表します。

鬼も十八、番茶も出花

鬼でも年ごろになれば少しは美しく見え、番茶でもいれたばかりは香りがある。器量が悪くても年ごろになれば少しは娘らしい魅力が出てくるということのたとえです。

金の茶釜の七つもあるよう

適当なことを言ったり、いいかげんなことをしたりして、その場をつくろってごまかすことの例えです。

濃い茶目の毒気(どくき)の薬

濃い茶を飲むと興奮して睡眠の妨げになってしまうものの、一方で気持ちはスッキリすることを指します。お茶に含まれるカフェインという成分が刺激となって、このような作用をもたらします。

小娘と茶袋

「小娘」は若い女の子、「茶袋」は茶葉を入れて煎じるために使う袋のことで、どちらもあっという間に色気づくという意味から、このような言葉が生まれました。

酒は酒屋に、茶は茶屋に

その道のことは、専門家に任せるのが一番だということの例え。能力や適性に応じたプロに任せれば、間違いないという時に用います。
※同義語(餅は餅屋、海のことは漁師に問え)

湿り茶臼に鮨(すし)の押し

抹茶を挽く時に使う石臼は、湿ると挽きが重くなります。また、なれ鮨(すし)用の重しは重い物。これらのことから、重い物の例えとして用いられます。

粗茶淡飯(そちゃたんぱん)も飽きぬれば即ち休す

粗茶淡飯(そちゃたんぱん)とは、粗末なお茶と手短な食事のことで、それでも満腹になれば、そこで終わりにすること。心安らかに生きていくための心構えを説いたものです。

袖引き煙草(そでひきたばこ)に押し付け茶

「袖引き煙草」も「押し付け茶」も、どちらも無理強いをすることの例えです。相手の都合も考えないで、もてなすという行為は、かえって迷惑につながるという意味をもっています。

茶々をいれる

誰かが話しているところに割り入って、邪魔をしたり、ひやかしたりすること。悪気があってすることではなく、冗談でからかうことを指す時に用います。

茶に浮かされた癇癪持ち(かんしゃくもち)

人を裏切っては何度も寝返ったり、あちらこちらに心移りすることを、洒落て言ったもの。癇癪(かんしゃく)もちの人がお茶にのぼせてしまい、寝苦しく何度も寝返りを打つことが語源です。

茶に酔うたふり

お茶を飲んだだけでお酒など飲んでもいないのに、酔っぱらった振りをしてはぐらかしたり、素知らぬ振りをしたりして、他人からの追及を逸らそうとすることです。

茶番

来客の際に、お茶の用意をしたり給仕をしたりしてもてなす役のことです。また、「茶番狂言」のことを「茶番」ということもあります。

茶番狂言

江戸時代に流行した滑稽な素人寸劇。始まりは、江戸歌舞伎の楽屋で行われた物とされています。手近な物を材料にして、仕方や手振りで演じられていました。すぐばれるような下手な芝居の例えにも使われます。

茶屋の餅も強いねば食えぬ

お茶がメインの茶屋では、すすめられなければ餅は食べにくい。そうしたことから、「商売のコツはすすめ方にある」ということを説いた言葉です。

茶湯子は眼に入れても痛くない

「茶湯子(ちゃとうご)」は、末っ子という意味があります。末っ子または年をとってからできた子どもは、親にとってかわいくてたまらないということを言い表しています。

茶碗と茶碗

茶碗と茶碗は、ほんの少し触れ合うだけで音がして、互いに欠けてしまう。このことから、不仲な間柄や、性格の似すぎた者同士は傷つけ合いやすいことを例えています。

猫も茶を飲む

昼間はひだまりで眠り、夜になるとふらふらと出歩く猫でさえ、時にはお茶を飲んでひと休みすることから。生意気で身分不相応な言動をすることを例えています。

茶柱が立つと縁起が良い

「茶柱」とは、ほうじ茶や番茶などをいれた時、茶碗の中に立った状態で浮いている茶の茎のこと。俗説ですが、広く吉兆と言われています。他人に話さず隠しておく方が良いとの説もあります。

茶を飲むと色が黒くなる

貴重な茶をあまり飲ませたくない方便です。

茶腹も一時

茶を飲んでも一時は空腹をしのげることから転じて、わずかなものでも一時しのぎになる、の意味です。

茶は是(これ)眠りを釣る釣り針

醒睡笑(せいすいしょう)という笑話集の一説にある言葉で、お茶をいただくことは、睡魔に負けないために最良の方法であることの例えです。
※醒睡笑{せいすいしょう}
江戸初期の咄本(はなしぼん)。安楽庵策伝著。元和9年(1623年)成立。戦国末期から近世にかけて語られていた笑話を全編42に分類、集大成したもの。

よい茶の飲み置き

良い茶の味は後まで口に残る、ということ。